アクリル樹脂のフィルタリング

高効率ろ過システムは、最終製品を保護するため異物を取り除きます

アクリル樹脂は、様々な産業(工業)プロセス、壁面塗料、自動車産業で広く使用されている製品です。樹脂を加工する際には、品質・整合性基準を満たすことが非常に重要です。樹脂加工のプロセスで重要な段階は、ろ過であり、輸送の前工程:液体をIBCまたはドラムに充填する前に、固形物及び、異物を除去することです。

このデモンストレーションビデオでは、アクリル樹脂をセルフクリーニングフィルター(産業用)でフィルタリングしています。樹脂は厚みのある液体であるため、例えば、フィルターの目詰まりを解消するために定期的なメンテナンスが必要な従来のバスケットストレーナーに比べ、ラッセル社のフィルターは押出量(液体の通過率/量)を大幅に向上させることを可能にし、異物を除去、液体を処理してドラムに保管することができます。

 

ラッセル社のSelf-Cleaning Russell Eco Filter® は液体(製品)の品質を確保し、異物から製品を保護するための高性能で効率的なソリューションです。フィルターはオペレータの健康と安全を保護するために密閉されており、SpiroKlene™ワイパーシステムにより最小10μまでのフィルターで連続的で効率的なろ過を可能にします。

85年間、産業セパレータ(分離)技術の世界的リーダであるRussell Finex はコーティング産業向けに様々なろ過ソリューションを提供してきました。様々なソリューションがあなたのビジネスでどのように役立つかについては、今すぐ Russell Finex にお問合せください。