蒸留酒用の遠心分離機

米国拠点の蒸留所、Russell Liquid Solid Separator™で環境への負担を大幅に削減

Blue Valley Spiritsは、米国コロラド州を拠点に上質な蒸留酒のレシピを提供する蒸留所で、2017年に事業を立ち上げた比較的新しい会社です。使用済みの穀物は多くの蒸留所にとって不要なコストと時間の掛かるプロセスを要するため、この蒸留所では環境に優しく持続可能なソリューションを常に追求していました。

そこで同社の要望に合う装置を探し出し、Russell Finexに連絡を取りました。そして現地のセールスエンジニアと相談した結果、米国中の蒸留所に導入実績がたくさんあるRussell Liquid Solid Separator™が、既存の蒸留工程に組み込むとより効率的かつ持続可能なオペレーションを実現できるということで最適な装置として提供されました。

蒸留所は、地方条例や地方規制により廃棄物を最小限に抑えるよう必須的に求められることが多々あります。しかしBlue Valley Spirits はRussell Liquid Solid Separator™ を設置したことで、この障害を克服し廃棄物管理を改善しました。発酵前後の蒸留工程に装置を設置することで、より多くの液体を抽出しつつ発酵槽を送ることができ、生産量を増やすと同時に液体を無駄にすることが減りました。

蒸留所では通常、毎週約以上の高品質な蒸留酒を処理しているため、Russell Liquid Solid Separator™を使うことで1分当たり約と従来の遠心分離機と比べ高い流量を実現できました。

またこの遠心分離機のおかげで、使用済みの穀物を農家に届けるための移動回数も減りました。その結果、蒸留所のオーナーであるRed Waldron氏は新しいレシピを考案し完璧な蒸留酒をお客様に提供するという自身の取り組みに多くの時間を使えるようになりました。

Russell Finexについて

分離技術のグローバルリーダーであるRussell Finexは、85年に渡る専門知識と実績のある分離テクノロジーを応用して設計したRussell Liquid Solid Separator™を用いて、企業の製品品質や生産性を向上させつつ、世界中にある状瓜生署に環境に優しい画期的なソリューションを提供してきました。 この分離ソリューションがお客様の生産要件にお応えできるのか今すぐお問合せ下さい

全文を読む: 蒸留酒用の遠心分離機

この装置は節約や費用対効果という点だけではなく、ビジネスの時間を短縮するという点でも非常に効率的です。これはプロセス全体において重要なステップで、ビジネス全体にとって十二分なものでした」Blue Valley Spiritsの蒸留ショーオーナー・Red Waldron氏