ゴディバの液体チョコレートの加工

ゴディバにとって品質は全て

チョコレートの包装には、多くの工程と同様に装飾性や高級感やあらゆる形状のものを包みやすいという観点から、一般的に箔が使われています。しかし、事前に箔を剥がさなくてはならないため箔がチョコレートに混入する恐れがあり、手直し作業が煩雑になってしまいます。ゴディバは異物が混入し得る場所を二箇所特定し、これを排除する方法を検討しました。Russell Finexのセルフクリーニングろ過機ユニットを使用していたチョコレート・サプライヤーを訪問した後、ゴディバはRussell Finex に解決策を求めて相談しました。綿密なリスクアセスメントの結果、液体ろ過機と円形の振動ふるい機の両方を組み合わせ、システム内の重要な管理ポイントをカバーするものが提供されました。

Self-Cleaning Russell Eco Filters®2台が、手直し作業中に混入する恐れのあるタンク内の汚染物質を取り除くために貯蔵タンクの後に設置されました。このインライン・フィルターが導入された理由として、流量が高いことと革新的な技術によりオペレーターの関与を最小限に抑えられることが挙げられます。

二番目の管理ポイントは、デポジッターの手前です。既存の振動ふるい装置2台とRussell Compact Sieves®を入れ替えて、インライン・フィルターと連動させて稼働させています。「Compact400の振動ふるい機は、デポジッターのスペースを無くすことなく既存の生産ラインにぴったりと収まるので選びました」 と、ゴディバのエンジニア兼保守マネージャーのPeter Van Ingelghem氏は語っています。

記事全文をダウンロードする

 

グローバルにリコールすることは、コスト面において定量化できません。しかし新しく導入したRussellのシステムのおかげで、弊社製品を高い品質で安心して提供できるようになりました。実際に、金属探知機がほとんど鳴らないので事実上いらなくなりました」ゴディバ・Peter Van Ingelghem氏