サステナブルなビジネス:順応することで生き残る

今日に変化をもたらし、変化を主導する企業こそが、将来にわたって繁栄できる

世界は変化しつつあります。地球温暖化は差し迫っている問題の1つであり、私たちの働き方そのものを再定義するように作られたテクノロジーの進歩は、瞬く間に世界中の企業にとって無視できないものとなりました。

企業がサステナブルであるべき理由

サステナビリティ(人間・社会・地球環境の持続的な発展)は、議論される機会がますます増えてきた話題です。企業が収益性を確保し、市場での地位を維持または向上させるためには、サステナビリティのもたらす利点を企業が認識し、それを業務や考え方に組み込む必要があります。このニーズに対応する基準の1つに、国連でも採用されているトリプルボトムラインがあります。これは、企業の成功を経済的要素、環境的要素、社会的要素(すなわち「profit、planet、people」)に基づいて測定するものです。近年では、ますます多くの規制が施行され、企業がこの課題に取り組まざる負えない環境になりつつあります。たとえば、2017年の「Streamlined Energy and Carbon Reporting」(エネルギーと炭素排出の報告制度)や、2018年の「Waste and Resources Strategy」(廃棄物および資源戦略)などです。

サステナブルなビジネス:順応することで生き残る

Russell Finexは企業のサステナビリティをどう支援できるか 

Russell Finexは、環境に配慮した装置の製造に一丸となって取り組んでいます。弊社は環境ポリシーにも記載しているように、「最小限の消費電力と最低レベルの騒音で運転できるプロセス装置を、再利用可能な材料をできる限り使用して設計および製造する」ことを約束しています。

また、弊社の装置はすべて、お客様の製品の無駄を防ぎ、環境に与える悪影響を低減できるよう設計されています。これは食品製造やセラミックス、製薬、あるいは排水など、あらゆる用途の装置に共通しています。実績のあるLiquid Solid Separator™Finex Separator™などの製品に加えて、最近ではRussell AMPro Sieve Station™がリリースされました。この革新的なシステムは、3Dプリント工程で使用される微細金属粉末の回収と再利用において業界をリードしています。この装置により、付加製造における廃棄物を効果的に排除すことができ、業界の継続的な拡大にあわせた持続的な成長が促進されます。

Russell Finex:サステナブルなビジネスの実践において他を先導する

製造業において世界をリードしているRussell Finexは、その努力の中心にサステナビリティを置いていることを誇りに思っています。弊社は事業におけるサステナビリティが付加価値をもたらすことを認識しており、社内のさまざまな取り組み、たとえば生産する製品を廃棄物管理やリサイクル事業に対応するように設計することや、企業としての慈善事業などを通じて、この差し迫った課題に継続して対処しようとしています。

英国のフェルサムにある同社の本社では、UK工場の更新が数年にわたって行われており、工場の屋根に取り付けるソーラーパネルや木質ペレットボイラー、環境認証を受けた空調システム、LED照明などの、環境に配慮した電源や装置が設置されました。継続的な更新の一環として、弊社の広範囲にわたるLean Manufacturing(無駄のない生産)プロセスの全体に「ペーパーレス」の取り組みも導入されました。こうした変更により、エネルギー消費量が12%削減されましたが、Russell Finexでは更なる効率の向上に取り組んでいます。それだけでなく、弊社では産業用資材を含めた商業廃棄物の大部分を再利用およびリサイクルしており、2019年の6月には廃棄物の100%リサイクルを達成し、埋め立てられる廃棄物を完全にゼロにしました。

サステナブルなビジネス:順応することで生き残る

Russell Finexについて
85年にわたって製造業に携わってきたRussell Finexは、社会に貢献するために常に革新を起こし、順応すべく懸命に取り組んできただけでなく、事業におけるサステナビリティの重要性を認識しており、今後も長きにわたってそれを継続します。 Russell Finexのシーブおよびろ過ソリューションが皆様の業務をどのように改善できるのかをご確認いただくために、今すぐお問い合わせください。