医薬品成分の真空分級機

業界の先進企業であるハーブ医薬品のメーカーは、真空搬送ラインでRussell Compact Airswept Sieve™を使用し処理能力の向上を実現

Natulab社は、ブラジルで10番目に大きい製薬会社であり、同国のハーブ薬を製造するトップ企業です。また、市販薬の製造においても第5位であり、近年、医薬品の需要拡大に伴い市場で急速な成長を遂げています。

このように増加する需要に対応するため、Natulab社はブラジルの工場に新しい生産ラインを建設しようとしました。しかし、この新しい生産ラインには真空搬送ラインに統合できる完全密閉型のスクリーニングソリューションが必要でした。その全体的な目的は、医薬品成分を安全にスクリーニングし、製品からのオーバーサイズのコンタミ、塊、異物などを除去する装置を見つけることでした。

医薬品成分の真空分級機

Natulab社が以前使用していた振動ふるいは、篩の性能が低いため、メッシスクリーンを頻繁に交換しなければなりませんでした。また処理能力を改善し、機械の連続的な停止によるダウンタイムを削減するため、効率的なソリューションを求めていました。そこでRussell Finex社の経験豊富なセールスエンジニアに相談したところ、理想的なソリューションとしてRussell Compact Airswept Sieve™をお勧めされました。

Natulab社の新しいラインのスタート地点に設置され、材料は真空搬送システムでふるいにかけられます。良質な製品が通過する間に、ふるい上の排出口から廃棄物やオーバーサイズが除去されます。Russell Compact Airswept Sieve™が導入されたことにより、プロセス全体が50%高速化され、生産性が300%向上しました。所要時間は20分、1時間当たりの処理量は1000~1200kgとなり、生産時間の大幅な短縮と生産量の増加につながりました。

Russell Finexについて
1934年創業のRussell Finex社は、ろ過、ふるい分け、分離技術において世界的なトップ企業として85年以上の実績があります。製薬業界に革新的で高品質なソリューションを幅広く提供しており、お客様の正確なプロセス要件を確実に満たすことができます。

Russell Finex社が提供する様々なオプションや対象となる業界分野については、Russell Finexの経験豊富なセールスエンジニアまでお問い合わせください。