コールドブリューコーヒー豆の分級

Barrel Coffee AG社、生産性を高めながらコーヒーの挽き具合に磨きをかける

2017年に設立されたBarrel Coffee AG社は、コールドブリューコーヒーの生産に特化しており、複数の生産ラインで生産・ボトリングを行っています。製品品質を向上させるため、スイスにある同社はコーヒー豆の粉砕プロセスの改善方法を模索しました。このプロセスにおいて重要なのは、コーヒー豆の粒径が味に直接影響を与える粒径を抽出する部分です。

以前、Barrel Coffee社は手作業でコーヒーを分級していましたが、処理量が多く、挽いたコーヒーから微細な粒子を全て取り除くには不十分なものでした。代わりとなる分級分離ソリューションへの投資を検討していた同社は、Russell Finex社に連絡し、粉砕プロセス用のRussell Eco Separator® を勧められました。微粒子を取り除くため特別なサイズのメッシュを取り付けたBarrel Coffee社は、コーヒーから苦みを取り除くことができ、最終製品の品質を向上させました。コールドブリューコーヒー豆の分級

高性能なふるい分けを実現したRussell Eco Separator® はBarrel Coffee 社が以前使用していた装備と比較して、ふるい分け時間を3時間短縮し、より効率的なふるい分けソリューションであることが証明されました。さらに、この分離機はコーヒーに含まれるダストを除去して品質を向上させ、わずか2年で投資分を回収することができました。

あらゆるアプリケーションに対応できるRussell Eco Separator®は、どのような生産ラインにもピッタリと収まります。また、簡単に分解して洗浄できるように設計されているため、飲料の生産におけるコンタミを最小限に抑えるのと同時に、生産におけるダウンタイムを短縮することもできます。

Russell Finex社について

Russell Finex社は85年に渡って経験してきた分離とろ過ソリューションを基に、食品と飲料分野に実績のあるソリューションを提供してきました。弊社は業界において品質と衛生面の重要性を理解し、多くの企業が生産目標を達成するための支援に成功してきました。

Russell Finex社の経験豊富なセールスエンジニアが、お客様のご要望をお伺いいたします。ぜひ、弊社にお問合せ下さい