ココアパウダーのふるい分け

ブラジルのカカオ多国籍企業は、製品の品質を向上させるために、その真新しい生産ラインを最大限に利用しています

2005年に設立されたインドゥストリア・ブラジレイラ・デ・カカウ(IBC)会社は、食品および化粧品業界でカカオを原料として使用する企業へのカカオの主要サプライヤーです。食品加工、品質保証、カスタムメイド製品の専門知識で有名なビジネスであり、その専門知識は、USDA Organic、Rainforest Alliance、Kosherの認証を含む認証に反映されています。

顧客の一人から紹介されたラッセル・フィネックスは、分離技術のグローバルリーダーとしてIBCに推薦されました。 IBCは今までにない、新しい処理ラインを模索していたため、このアプリ

Cocoa Powder

ケーションに相応しいふるい分けソリューションを選択する前に、品質を保証しました。さらに、IBCは品質管理、持続可能性、生産性に重点を置いており、ココアパウダーは標準ユニットを使用してパウダーを選別するのが難しいため、ラッセルフィネックスはラッセルコンパクトシーブ®を推奨しました。これは、安全性に理想的な、用途が広く、清潔で簡単な 工業用ふるいです。-ココアパウダーなどの食品パウダーのスクリーニング。

ブラジルにあるラッセルフィネックスのテスト施設でテストした後、ラッセルコンパクトシーブ®は最適な性能を発揮し、2mmメッシュで1時間に1300kgのココアパウダーを処理しました。 従来のセパレーターと比較して、このユニットは、その収率と生産性の点でIBCにとって最も効率的な解決策であることがわかりました。

高度な処理能力での粉末の安全なスクリーニング向けの理想的、且つ、革新的なこのユニットは、かなりのスクリーニング能力を提供しながら、生産ラインにきちんと適合します。 さらに、ラッセルコンパクトシーブ®の設計により、簡単に取り外して清掃できるため、ダウンタイムが短縮され、オペレーターの安全性が向上します。IBCの新しい製品ラインで信頼性の高い品質管理を保証するためのソリューションになります。

85年以上の経験を持つラッセルフィネックスは、食品、医薬品、リサイクルなど、さまざまな業界向けに革新的なシーブとセパレーターを提供しています。ラッセルフィネックスは、お客様のニーズに応じてさまざまなソリューションを提供し、お客様のニーズにお応えするよう日々努力しております。 詳細を確認したり、経験豊富なセールスエンジニアに相談したりするには、今すぐお問い合わせください