リサイクルプロセス中にPETプラスチックからコンタミを除去する

PFR Nord 効率を高めるPETプラスチック洗浄ラインにセパレータを導入

2012年に設立された PFR Nord GmbH ( “PET フラッシェンリサイクル”を意味するPFR)は、飲料ボトルのリサイクルを取り扱っています。PFR Nordの製品は、主に地元ドイツの返却可能なボトルシステムに由来し、そのうち同社は毎年40000トン以上の飲料ボトルの回収、リサイクルを行っています。PFR Nordはこのプロセスに誇りを持っており、倉庫と生産地域は41000spm規模に達し、リサイクルプラントは製品が可能な限り効率的にリサイクルされるように設計されています。

プラスチック分離プロセスには様々な段階がありますが、Finex Separator™は、最終分離プロセスであるボトル洗浄ラインの一部として設置されました。その過程において、Finex Separator™は、細断されたプラスチックがメッシュ上で、約20~30℃の冷たい洗浄水により洗浄される工程を踏んでいます。

Russell Finexは、競合他社の篩を使用し洗浄水を用いて分離を行っていたPFR Nordから、自社の処理ラインにより適切で信頼性の高い代替品を供給するように連絡を受けました。販売チームと相談し、PFR Nordが必要とする正確な仕様を定義した後に、Russell Finexは直径60インチのFinex Separator™ ユニットのオンサイトトライアルを3週間提供しました。

トライアルが成功し、現場に実機を設置すると、vibratory separatorは、以前に使用していた(競合他社の篩)よりもかなり高いスループットレートを更新し、200μmメッシュで35m³/hに必要なスループットに達しました。分離精度を高める設計により、メッシュの寿命は向上し、メッシュスクリーンの更新頻度を抑えたため、生産性が向上しました。さらに、契約の一環として、Russell Finexのアフターマーケットサービスチームも交換用メッシュスクリーンの提供を支援しました。

 Russell Finex について

Russell Finexは85年の経験を持ち、リサイクル業界向けの産業分離装置の製造と設計において世界的なリーダです。弊社は、様々な用途や業界に合わせて、様々なろ過および分離機を供給しています。弊社の装置がお客様の特定の要件にどのように適合できるかについて詳しくはこちらへ問合せください:contact us today.